芝桜で有名な羊山公園

羊山公園

埼玉県秩父にある羊山公園は、芝桜で有名な景勝地です。一面に芝桜が植えられた丘で知られる公園です。毎年4月の上旬から5月の上旬の芝桜開花の時期には多くの観光客でにぎわう場所です。

羊山公園は、芝桜の植栽面積が日本でも最大規模で、約1万7000平方メートルの敷地に、9種類の芝桜が約40万株植えられています。芝桜の丘からは秩父市街が一望でき、ここでしか観ることのできない景色を堪能できます。芝桜の開花中は秩父時の特産市が開催されるほか、秩父の街中でも数多くのイベントが催されます。この公園の芝桜は、斜面を色分けしてあることが人気です。このデザインは、秩父夜祭の山車に乗った囃子手が着た紅白の襦袢をイメージしたもので、そのカラーリングの美しさには定評があります。

芝桜の丘は、緩やかな斜面に植えてあります。尾根にはさまれた低地の部分を中心に南北に伸びた形で植えられているため、丘のなかなら、どこからでもほぼ全景を見渡すことができます。濃いピンクから淡いピンク、また白や薄紫にパッチワークのように植えられた芝桜は、見る角度や、日差しの角度によって微妙に色あいを変えていきます。眺めていると、あっという間に時間が過ぎていきます。毎年たくさんの観光客が訪れる場所です。芝桜の開花時期だけ入園料を取りますが、料金が非常に安いことでも好評です。最寄駅は西武秩父駅もしくは横瀬駅です。駅から1.5キロほどですが、公園までのバスなどの交通機関はないため、すべて徒歩になります。シューズを工夫して、時間に余裕を持って出かけましょう。